M/V Valentina_Socorro Islands -APR 11, 2015 DEPARTURE その6

18/APR ダイビング6日目(サン・ベネディクト島)
2日間ロカ・パルティーダに滞在していた為、マンタが恋しくなってきました。 ダイビング最終日の本日は、サン・ベネディクト島のエル・ボイラーに戻ってまいりました。 本日は、チームSHARK担当させていただきます。

1本目:エル・ボイラー
水温25度 透明度30m
ENして北壁に周りこむと、すぐにブラックマンタがやって来てくれました。 ブラックマンタと遊んでいるうちにもう1枚ジャイアントマンタが登場。 ただ、そこからは主役をかっさらうようにイルカの群れが登場。 あまり深場に誘導するでもなく、長い時間、何度も何度も繰り返し遊んでくれました。 その間マンタがおとなしく、そして、少しふてくされてるようなのが可愛らしかったです。


video by our guest Mineo.G


video by our guest Mineo.G

2本目:エル・ボイラー
水温25度 透明度25m
ENしてから、北西壁際でダイバー全員で集合写真! その後各グループに散らばってダイビング開始。 すぐにジャイアントマンタがやってきてくれました。 北壁にはブラックマンタも居ます。 沖目にギンガメが広く群れているので、その先にハンマーが居ないか探してみましたが、見つけられません。 ふと真下を見下ろしたら、そこに居ましたハンマーさん。 大ハンマーとベビーハンマーの組み合わせ。 水深は35mになってしまうのですが、地形が主に砂地な為、そのシルエット、動きは、くっきりと眺められます。 その後も西壁周りで、のんびりマンタ三昧してからEXいたしました。


video by our guest Mineo.G


video by our guest Mineo.G

3本目:エル・ボイラー
水温25度 透明度35m
お日様も差し、透明度がとても良い中でのラストダイブとなりました。 EN後北壁でまったりしていると、まず巨大ハンマーが登場。 4mクラスで、サイズ的には五本指に入るほど迫力あるガタイ。 その存在を知らせ、皆に北壁に集まってもらうと、ほどなく、小ハンマーが水底を這うように東から西へ泳いで行きました。 泳いでいく方向に誘われずに待ち粘っていると、大中小様々なサイズのハンマー7匹の小編隊が、水底から上がりながら近づいてきてくれました。 一通りハンマーを見切った後は、西南壁に移動。 すると代わる代わるジャイアントマンタやブラックマンタが登場。 まるでお別れを言いに、そして名残惜しむように、ずっとダイバー周りを周遊、さらには、一人づつに挨拶するような動きをしてくれます。 そして本ダイブが記念ダイブになるAlexey用に持ち込んだシャンペンを水中で開封(良い子は真似しちゃダメですよ。 悪い子でも真似しちゃダメですよ。)
すっごく気持ちの良い締め括りが出来ましたネ!!!!


video by our guest Mineo.G


video by our guest Mineo.G


video by our guest Mineo.G


※今回の写真はお客様から御借りしました。
Muchas Gracias!!! Amigo y Amiga!!!

報告者 ロレンソ、ラロ、ルイ

広告

Fun Baja について

メキシコのバハ・カリフォルニア半島の南東部のラパスに位置するダイブショップです。アシカ、ハンマーヘッド、マンタ、ジンベエザメ、移動中にはイルカ、クジラなどまさに海獣王国!日帰りダイビング以外にも、無人島キャンプステイ、シーカヤック、ダイブクルーズも取り扱っております。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中