M/V Valentina_Socorro Islands -APR 26, 2014 DEPARTURE その5

ダイビング最終日は、サン・ベネディクト島に戻り、まずはキャニオンにて、朝一番のドルフィンを期待して、その後にマンタ祭を望めるザ・ボイラーに移動して今期最後のクルーズを締めくくる魂胆です。 エントリーすると水温が冷たい、冷たい。 前日が27度だったので、22度は罰ゲームかと思いました。 ただ、ハンマー狙うには期待できる水温でもあります。 まずはマンタのクリーニングステーション上にジャイアントマンタ出現。 この一枚、おっきい! 5or6m?
ホットスポットに移動すると、ギンガメもいい感じの雰囲気で屯っています。 根待ちエリアはドロップオフ側がマーキーで、いかにもハンマー登場しそうな雰囲気。 そろそろかそろそろかと目を凝らしてると、鳴き声無しにイルカ達が訪れてくれました。
そのうちの2頭+1頭がまた、遊んでくれる、遊んでくれる。 何分遊んだかなー? 過去最長なのは間違い無しです。 イルカに取り囲まれてる最中にジャイアントマンタも登場してホバリングするし、イルカとは目と目で見つめ合っちゃったりして、みんなで恋しちゃいましたネ。 その後もホットスポットから少しドロップオフ側に泳ぎだすと、ハンマー1匹。 魚影が平和な雰囲気になってきちゃったので、リーフ上に戻り、水深が徐々に浅くなるマンタのクリーニングステーション方面に3頭の巨大ハンマーと正面衝突しそうな感じで遭遇しました。 このハンマーもこれまでソコロで見たハンマーの中でも最大です。 安全停止中にもまたイルカは登場するし、内容濃過ぎました。 インターバル中もイルカの数が増え、シュノーケリング三昧。 最中は、イルカ、マンタ、シルキーシャーク、そ・し・て、タイガーシャークまで一緒にシュノーケリング(案の定、私は船でチャージ番。。。) なんなんですか、この海わー、凄過ぎます。 “ A W E S O M E ” ; )
2、3本目はボイラーに移動して、マンタ狙いのダイビング。 ソコロのクルーズの中でも特にこのボイラーのマンタは特筆もの。 本当にフレンドリーなんです。 こちらから泳いで追いかける必要が無く、待っているとマンタの方から旋回して、しかも水深を合わせて私達に近づいてきます。 各国の海を潜ってきた経験豊富なダイバーさんに多くご参加いただくバレンティーナ号のクルーズですが、こんな経験は初めてとのお声を毎クルーズ、ご感想としていただいています。
ハイ、クルーズ運営する私達ですら信じられない程なのですから。最後の最後に、巨大ハンマーも3匹、お別れを言いに来てくれてのダイビング締めくくりとなりました。 今回のクルーズの全22ダイブ全てで、マンタ、イルカ、ハンマーのいずれかは見る事が出来ました。 MUY TODO BUENO!

水温: 22度~25度
透明度: 12m~30m

※今回の写真はお客様から御借りしました。
Muchas Gracias!!! Amigo y Amiga!!!

報告者 ロレンソ、ペドロ、ルイ

広告

Fun Baja について

メキシコのバハ・カリフォルニア半島の南東部のラパスに位置するダイブショップです。アシカ、ハンマーヘッド、マンタ、ジンベエザメ、移動中にはイルカ、クジラなどまさに海獣王国!日帰りダイビング以外にも、無人島キャンプステイ、シーカヤック、ダイブクルーズも取り扱っております。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中