7/18 El Bajo

この日はエル・バホに行ってきました。
今回はエスプリットサント島にあるファンバハキャンプサイトからの
出発だったのでたった30分で到着。
もちろん、エル・バホには一番乗りだったことは言うまでもありません。
しかしながらこういう日に限って流れが強く、根にアンカーがなかなか
固定できなかったりもする・・・汗
外洋の大海原の周囲に何もない場所にある海底山脈エル・バホ。
根のトップが17~18m前後、根の水底が35m前後。この大きな根が
南北に3つ冠水しております。
通常は中央の根(※通称:エル・バホ・セントロ)にアンカーを打ち、
流れによって南北にドリフトダイビングをすることが主流です。

数日前にエル・バホでダイビングをしたスタッフからあまり良くないコンディションと
報告を受けておりましたが、実際にダイビングをしてみるとその心配は杞憂に終わりました。
根の周囲には覆い尽くさんばかりの【シザーテイルクロミス】や【イエローテイルサージョン
フィッシュ】も綺麗な群れを形成しておりました。普段は【キングエンジェルフィッシュ】は
単独で見ることが多いのですが、エル・バホの潮当たりの良い場所では大きな群れで
いることが多い。これは一見の価値ありですよ!!!

根を外し、中層を見上げて見れば【ブラックスキップジャック】(※カツオの仲間)の大群。
トルネードまでは到達しませんが、300匹以上は群れていたはず!?!?
残念ながら20m以深はサーモクラインの影響により、何も見えず・・・
よってハンマーヘッドには出会えずです。

<<ちょっと今回のエル・バホでのこぼれ話>>
おいら達ダイバーはハンマーヘッドなどの大物を見たいがためにエル・バホへ・・
フィッシャーマン達はカジキやシイラなどを狙いにエル・バホへ・・・
エル・バホはスポーツフィッシュングでも非常に有名です。
今回、ダイビングの合間の水面休息中にボートからおやつのメロンを水面に
投げ入れて遊んでおりました。
するといつものように沢山のアジの仲間が入れ食い状態で集まってきます。
ここまではいつものよくある話。
なんと今回はそれでは終わらない??なななななんと1m以上もある【シイラ】が登場!!!
頭が突出しており、緑色?玉虫色に光り輝いており紛れもなくシイラ!!
キャプテン・ホルヒートがすぐさま釣竿にルアーを仕掛け、水面に投げ入れると
猛烈なスピードで追いかけます!!
こんな風景が間近で見れるとは思わなかった。
これだけでも大迫力!!!お客様も大興奮!!!!
そして数回繰り返すと、念願のヒット!!!!!
キャプテン・ホルヒートが慎重に手繰り寄せましたが、最後のボートに引き上げる瞬間に
針が口から外れてしまったので逃がしてしまった・・・・(>_<)
“エビで鯛を釣る“という諺がありますが、この場合は“メロンでシイラを釣る“と
いうのでしょうか???

気温:33~35℃
水温:27~28℃ (※20m以深にはサーモクラインがあり23~24℃)
透明度:10~15m

報告者 けんご

広告

Fun Baja について

メキシコのバハ・カリフォルニア半島の南東部のラパスに位置するダイブショップです。アシカ、ハンマーヘッド、マンタ、ジンベエザメ、移動中にはイルカ、クジラなどまさに海獣王国!日帰りダイビング以外にも、無人島キャンプステイ、シーカヤック、ダイブクルーズも取り扱っております。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中